グアム
お申込方法
マイプラン

台湾のオプショナルツアーの情報など、現地から直接発信してます。

最新情報

楽天トラベルナビ 台湾 発信

台北、マスク着用義務、来年も継続


楽天トラベルナビ 台湾
中央流行疫情指揮センターは、新型コロナウイルス感染症ワクチン2回目の接種率が本年2021年12月中旬に60%に達する見込みの中、2022年も引き続きマスク着用を求める方針を示しました。
指揮センターは、海外ではワクチン接種率が高い国々で、マスクの着用を義務付けず、新型コロナ感染者が急増していると指摘しております。
現地スタッフより   12月02日

春節期間の自宅検疫7日間、条件付きで家族と同居可に


楽天トラベルナビ 台湾
中央流行疫情指揮センターの発表によると、2021年12月14日~2022年2月14日までの春節期間は、指定の新型コロナウイルス感染症ワクチンを2回接種した人に対し、入境後の外出制限14日間のうち、後半7日間は自宅での検疫を認めることとしました。
また、さらに7日間の自主健康管理を取ることに関しては、自宅での検疫期間中は原則は1人1戸だが、条件付きで1人1室で家族との同居が認められます。

なお、同居の条件は以下の通りです。
* 同居家族は、ワクチンを2回接種し、14日以上経過していること。
* 同居家族は在宅検疫者の検疫期間の8~14日目に強化版の自主健康管理、15~21日目に自主健康管理を行います。 同居家族は、10日目と14日目にそれぞれ自宅用検査キットによる検査を行います。
現地スタッフより   11月29日

春節シーズンの入境隔離、防疫ホテル・自宅各7日可に


楽天トラベルナビ 台湾
中央流行疫情指揮センターは、2021年12月14日から2022年2月14日までの春節シーズン期間の入境者隔離について、新型コロナウイルス感染症ワクチン2回接種者に対し、前半7日間を防疫ホテルもしくは集中検疫所、後半7日間を自宅などでの実施を可能とすると旨を発表しております。
但し、ワクチンは世界保健機関(WHO)か台湾政府が緊急使用を許可したものに限定となります。
自宅などで隔離を実施する場合、入境時と、前半7日間の期間満了前に再度PCR検査を実施し、陰性を確認します。また、後半7日間のうち3日目に自費で簡易検査キットで検査し、6日目に3度目のPCR検査を実施します。
なお、隔離終了後は、7日間の「自主健康管理」が必要です。
現地スタッフより   11月18日

接待を伴う八大産業、条件付きで営業再開


楽天トラベルナビ 台湾
中央流行疫情指揮センターは、台湾全域の防疫レベル第2級の期間を2021年11月16日から29日まで継続する旨を発表いたしました。
また11月16日からカラオケ業、ダンスホール業、ナイトクラブ業、バー業などの接待を伴う八大産業の店舗でも「実聯制」と検温の実施、従業員が新型コロナ感染症ワクチンの1回目の接種し、14日間経過していることなどの条件付きで、営業再開を認めると発表しました。利用客も、ワクチン接種後から14日経過を証明する接種証明を所持する必要があります。
現地スタッフより   11月16日